50歳〜60歳に安心の医療保険

【若いときと同じ保障内容のままではありませんか?】
学資保険は生命保険の一種です。
50代というと、子供が独立している頃ですし、若い頃に組んだ住宅ローンもそろそ終了する方もいらっしゃるでしょう。定年までの年数の事もありますし、世界的な不況の嵐が吹き荒れる昨今であれば、定年を待たずに離職するかもしれません。
50代はまた、健康状態にも無関心ではいられませんね。
今までは健康で大きな病気一つしたことがなくても、年を取るに従って病気になる可能性はやはり高くなってきます。
医療保険はいざというときの備えとして必要ですが、高齢になればなるほど保険料が高くなったり、加入できる条件が厳しくなり、契約できないこともあるかもしれません。
そう思って、若い頃から入り続けている医療保険をそのまま見直さずに続けていませんか?
ご自身にとって必要な保障であるか見直すことで、無駄な保険かどうかが分かりますよ。
例えば、50代の方で無駄な保険の例として、子供が独立したけど、それまでと同様の保障内容のままでいる場合。
子供が独立するまでは手厚い保障は必要ですが、独立したら保障はそれほど高額である必要はなくなります。
もし今まで医療保障に対して無関心であったという場合には、必要以上に保障額を高く設定して高額な保険料を多く支払っている可能性があります。

【定期タイプと終身タイプ、どちらの医療保険がお得?】
50代で医療保険を見直す場合、医療保険にも定期タイプと終身タイプの保険がありますが、どちらがいいのでしょうか?
一般的には、60歳を超えると医療保険のお世話になる確率が高まります。50代で10年更新タイプの医療保険に加入すると、60代で更新をすることになりますから、医療保険の保険料も50代での加入時に比べてかなり高額になることが予想されます。
終身タイプの医療保険であれば、保険料の支払額は定期タイプと比べると高くなりますが、契約時とあまり変わらない保険料で60代、70代・・・と保障が続きますから、長期的にはお得なのではないでしょうか?
また、終身タイプの医療保険でも、解約返戻金がない保険だと、保険料が割安になります。
50代以降で加入する医療保険は解約することはないでしょうから、保険で貯蓄する必要はないでしょう。
保険料を安く抑えた分、貯蓄に回したり、家計の足しにしたり、旅行や趣味に使うことができますよ。

【持病がある方でも入れる医療保険】
今まで何らかの持病がある際には保険に入る事が困難であるのが一般的でした。しかし、ここ最近何らかの「持病を持たれている方」でも、「既往症がある方」でも申し込める事ができる終身型の医療保険がいくつか登場してきています。
通常の医療保険と違う点は引受基準が緩和されている点です。健康に不安がある人や薬を飲んでいる人など、通常の健康告知を行う場合には医療保険に入るのがかなり困難だった人が、いくつかの条件(傷病歴、通院歴等、各社によって異なる)に該当しなければ申し込めるというもので、さらに終身型である事から保障が一生涯といった形となります。
同じ保険会社の他の医療保険商品と見比べてみると価格(保険料)は高めになっており、加入できる条件についてもいくつかの制限があります(※詳細については各保険会社の商品のパンフレット等を参照)。
ですが、過去に病気になってしまったから一生保険に入る事ができないと諦めていた方には朗報ではないでしょうか
[BACK]