学資保険をお探しの方

【学資保険とは?】
学資保険は生命保険の一種です。
基本的には親が子供の教育費を準備する為の保険です。
節目の年齢になると満期金やお祝い金が受け取れたり、親に万が一の不幸があった場合には、保険料の支払いが免除されるというような特徴があります。
 通常の保険は、毎月積み立てている保険の額に配当金が加算され、満期時に全ての額を受け取るようになっています。それとは異なり、学資保険は15歳や18歳といった、お金が必要な子供のイベント時期にお祝い金という形で、積立金を受け取れるのが最大の特徴です。
 また、万が一保険を契約しているご両親が死亡又は高度障害になった場合、それ以後の保険金が免除されるだけでなく、それ以後の契約も続行し、満期になれば積立金を受けられる特約がついていることも大きな特徴です。

【子供にかかる教育費】
子供1人の教育費は下記の表のようになります。

中学・高校まで公立で、大学が私立というケースだと約900万円程かかることになります。もちろんこれは一般的な教育費ですので、子供の食費や洋服代などという要素は含まれていません。
その他にも、遠方の学校に通う場合の交通費や下宿代などいろんな費用が加算されることになります。そんな状況を考えると、教育費くらいはしっかりと学資保険で賄いたいところです。大学まで入学するとなると入学の際に入学金も発生しますので、その時期に満期になる学資保険の祝い金はかなり家計の助けになることは間違いないでしょう。


【学資保険に加入する目的】
学資保険も預金や株式と同じ金融商品の一つです。ですので、運用を失敗すれば損をすることも考えなければいけません。そのためには、キッチリとした目的を決めて商品を選ぶ必要があります。
まずは学資保険を積み立てる目的からはっきりさせましょう。

子供の学費を作ること、それはまとまった資産を作ることです。こども保険でそこまで言い過ぎと思われるかもしれませんが、そういう気持ちで取り組む事で重要性に気付きます。

【貯蓄型の学資保険の特徴】
貯蓄型の学資保険(こども保険)は、学資保険の本来の目的である教育資金を積み立てることに重点を置き、医療保障や死亡保障が付いていない、シンプルな学資保険(こども保険)です。
育英年金や医療保障が付いている「保障型学資保険」に比べ、圧倒的に貯蓄性を重視した学資保険が人気となっています。
貯蓄型の学資保険(こども保険)の最大の特徴は、返戻率が100%を超え、分かりやすくいうと、支払った保険料の総額よりも、受け取る保険金額(満期保険金(満期学資金)+祝い金)が上回ることです。
もちろん、保険契約者(親)に万一(死亡・重度障害)のことがあった場合でも、それ以降の保険料の支払いは免除され、満期学資金や祝い金は、契約内容の通り受け取ることができます。
ただ満期学資金や祝い金は保険契約者(親)に万一(死亡・重度障害)のことがあった場合でも保障されますが、死亡保険金や育英年金は出ませんし、被保険者(子供)がケガや病気で入院・通院した場合でも医療保障はありませんので、入院・通院給付金は出ず、もしも子供が死亡した場合でも受け取れるのは、それまでに支払った保険料相当額ということになります。
[BACK]